【2020】グルメサイト比較 今のおすすめグルメサイトは?

 

はい、syouです。

少しでも飲食店の皆様にとってお手伝いができればと思い、
私が2ヶ月間勉強した一部をアウトプットさせていただきます!の

第二弾です!

今回ご紹介するのは、「グルメサイト比較 今のおすすめグルメサイトは?」
というテーマでご紹介していきたいと思います。

グルメサイトっていろいろあるけど、どれが良いのかわからなかったりしますよね。
値段等含めて、まずは比較表をご覧ください。

大手4社グルメサイト比較表

食べログ ぐるなび ホットペッパーグルメ Retty
月間利用者数 約9,283万人 約5,600万人 約4,500万人 約4,000万人
登録店舗数 約80万店
※有料店舗約2.6万
約16万店
※有料店舗59,173店
約52,000店 約4万店
ユーザー層 老若男女問わない 30〜40代男性 20〜30代女性 20〜40代男女
1人辺りの
ページ閲覧数
5.19回 4.39回 7.05回 2.97回
一人当たりの
サイト滞在時間
4分29秒 3分13秒 4分33秒 2分52秒
有料会員価格
(月額)
従量課金+
【ライトプランS】
10,000円
【ベーシックプランS】25,000円
【プレミアム5プランS】
50,000円
【プレミアム10プランS】
100,000円
【ビギナー会員プラン】
月額1万円〜
4万9999円
【正会員プラン】
月額5万円以上
【B】
32,000円〜40,000円【A】
64,000円〜69,000円【SS】
120,000円
【SSP】
180,000円
【ブロンズ】
19,000円
【シルバー】
28,000円
【ゴールド】
48,000円
【ラーメンプラス、そば・うどんプラス、バープラス】12,000円
 送客手数料 ランチ:100円
ディナー:200円
ランチ:50円
ディナー:200円
ランチ:10円
ディナー:50円
無料

 

利用者数などを見るとやはり食べログが圧倒的に多いですね。
ホットペッパーはページが綺麗に見やすく作られているのでページ閲覧数やサイト滞在時間で有意ですね。

これだけ見ると食べログが良いのでは?と思ってしまいますが、
店舗の客層の年齢や性別、宴会できて欲しいのか?食通の方が来て欲しいのか?などで、
どのグルメサイトにするかが変わってきます。

次に各グルメサイトの強みを紹介をしていきたいと思います。

各グルメサイトの強み

・食べログ

 

登録店舗数、月間利用者数、ユーザー層の幅広さなど
他社グルメサイトより圧倒的な差をだしている、日本最大級のグルメサイト。

食べログといえばなんといっても口コミ機能が良いですよね。
ポジティブな口コミがたくさんあれば行ってみたい!となりますし、
ネガティブなコメントがあればいきたくないなぁ。となります。

私も食べログは最近利用をしていて、頑張って口コミなどを書いていて、
知らない地域で外食をする際は、食べログ評価3.5以上のお店をいくようにしています。

3.5以上あれば間違いないという噂を聞いたので、
実践しているのですが、確かに、今のところ間違い無いです!
本当にどこも美味しいし、サービスなんかもしっかりしてます。

良かったらぜひお試しください。

食べログの強みまとめ

・圧倒的利用者数
・ユーザー層の幅広さ
・食通が利用する
・口コミ機能


 

・ぐるなび

最古のグルメサイトがこのぐるなび。

グルナビの特徴としては、経営の支援に力を入れています。
【ぐるなびPRO】という無料の飲食店向けサービスがあり、2000本以上の経営ノウハウ記事を掲載したり、セミナーなども実施しています。

また、レストランメール機能】というネット予約をしたお客様に直接メッセージを配信を送信することができるのも特徴です。

営業でヒヤリングをしていると、ぐるなびは宴会に強いグルメサイトの印象がありますね。

ぐるなびの強みまとめ

・【ぐるなびPRO】
・【レストランメール機能】
・経営のサポート
・宴会に強い


 

・ホットペッパーグルメ

ネット予約利用者数、ネット予約利用可能店舗数などネット予約がNo.1のグルメサイト。

リクルートの子会社でホットペッパービューティーなどで使えるPontaポイントが共有でき、
豊富なクーポンなどがあることから、女性に強いのが特徴。

又、地方だとまだ雑誌の需要があるため、地方に強かったりします。

ホットペッパーグルメサイトの強みまとめ

・ネット予約に強い
・女性に強い
・地方に強い


 

・Retty

他のサイト比較的新しいグルメサイト。

Rettyの特徴としては、実名での口コミになっています。
口コミを実名で書くため、悪質な口コミや、宣伝目的で書かれたものが少なく、信頼性が高いです。

また、他のグルメサイトはネット予約に対して、1人辺り従量課金が10円〜200円かかります。
それに対してRettyは何人ネット予約が入ろうが、従量課金は入りません。

Rettyの強みまとめ

・実名のため、口コミの信頼性が高い
・実名のため、ネガティブな口コミが少ない
・ネット予約の従量課金が無料
・比較的ユーザー層が広い

グルメサイトまとめ

 

オールマイティーに集客をしたいのであれば、食べログ
中年層、宴会に集客をしたいのであれば、ぐるなび
女性客をターゲットにしているなら、ホットペッパーグルメ
従量課金を無くしたい、ネガティブな口コミは避けたいなら、Retty

といったところでしょうか?

では今後どのグルメサイトがおすすめなのかを紹介していきます。

今のおすすめグルメサイトは?

グルメサイト選びには、来店するユーザー層や利用目的などで変化すると思いますが、
コロナに強いグルメサイトがあると思っていて、

それは、

食べログ

です。

単純に月間利用者数の多さ、ユーザー層の幅広さ、など総合力でも食べログなんですが、

注目すべき点は今のコロナという環境に適しているかどうかで、席数を減らして営業をしているお店もあるでしょう。
そんな状況で宴会が入るわけもなく、いかに客単価を上げ、回転率の向上が重要になってくるのではないでしょうか?

ぐるなびも中年男性の利用率高さから考えるといいと思いますが、宴会需要はないと思いますので、口コミユーザーの食通が利用している食べログが今後はいいのではないでしょうか?

 

そして、Googleなどのインターネットで自分のお店の名前を検索してみてください。
ぐるなびだけ有料プランに入っていたりするとぐるなびなどが検索順位1位になりますが、

だいたい食べログが検索順位1位になっていませんか?

それほど食べログが見られているということなんです。

 

ちなみにGoogle検索順位でのクリック率ってどれくらいかご存知ですか?

引用元:sistrix社Johannes Beus氏の2020年7月14日の記事

1位:28.5%
2位:15.7%
3位:11.0%
4位:8.0% 〜 10位:2.5%

上記のように1位と2位では約1.8倍もの差がついているんです。

皆さんもGoogleなどで検索をして何番目のサイトを見ますか?
大体が1番上に出てきているものや、2番目に出てきているものをクリックするのではないでしょうか?
このように上位にあるサイトで自分に合った飲食店を探せればお客様はわざわざ下までスクロールする必要性がないんですよね。
(中にはホットペッパーグルメじゃないとダメ!ポイントが溜まりやすいし、いろんな場所で使えるから!なんて方もいらっしゃいますが。)

なので検索順位の高いグルメサイトと契約をするのがいいと思います。

食べログ始めるなら今がチャンス!!!

上記の通り割引キャンペーンをするそうです!

3ヶ月間40%割引はすごい…。

食べログが割引をするのは珍しいそうなので、これを機に利用してみるのもいいですね!
今はコロナという状況で、プランダウンせざるおえない店舗様や、解約してしまっている店舗様も多いので上位表示させるチャンスだと思います!

さらに現在Go To Eatキャンペーンをやっている店舗様はわかると思いますが、Go To Eatキャンペーン始まってから、だいぶ予約数が増えていませんか?なので、「これを機に…」なんていってられないのかもしれません!

訂正させていただきます!

これは使わない手はない!のではないでしょうか?

今後の状況にもよりますが、Go To Eatキャンペーン食べログ年末年始トライアルキャンペーンを使い倒せれば、V字回復できる可能性を秘めているキャンペーンなんじゃないかと思います。

Go To Eatキャンペーンについてまだ詳しく知らない方は、前回書いた記事を下記からご覧ください。
Go To Eat キャンペーン詳細

 

 

※食べログ年末年始トライアルキャンペーンの詳細は下記お問い合わせボタンからよろしくお願いいたします。

まとめ

とはいったものの、お店によって合う、合わないがあると思いますので、

最適なグルメサイトのご提案を無料でデリシャスノーツがいたします!

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは、TEL03-6264-9094までお願いいたします。
※受付時間:10:00-19:00(土日祝日を除く)

 

関連記事一覧